バイアグラなどを通販で失敗しないで入手する

バイアグラを確実に入手るには

病院や専門クリニックで処方してもらうか、インターネット通販を利用し個人輸入する方法があります。
それでは、それぞれのメリットは何でしょうか?

病院で処方してもらうメリット
正規品を処方してもらえる。
その日に服用することができる。
EDの原因などを医師に直接聞くことができる。
・医師にカウンセリングをしてもらうことにより早期治療をすることができる

◆個人輸入代行のメリット◆
・バイアグラ・シアリス・レビトラや各種ジェネリックも取り扱っている。
・誰にも気付かれずに購入できる。
・注文したお薬は5日から10日で到着。
・カスタマーサポートセンターで商品の配送状況などを確認できる。
・電話注文・FAX注文・メール注文が可能。
・銀行振り込みでED治療薬の無料増量やリピータ特典がある。
・期間限定で購入するED治療薬の無料ボーナス特典がある。などのメリットがある。

バイアグラの購入での失敗談

バイアグラ 
バイアグラの人気の高まりから、このED薬を扱う通販業者も最近は数多くあります。

 

偽物や粗悪品を扱う通販業者も多いことから、失敗した人も少なからずいるようです。
バイアグラを購入しようとして、失敗した例とは、どのようなものがあるのでしょうか。

 

「バイアグラを扱う業者の中から、50mg1錠300円の超格安サイトを見つけ、これは安いと思い、購入しましたが、大失敗。模造品バイアグラでした。」こうした体験談もあります。
やはり、価格に惑わされないことですね。

 

バイアグラ100rで、1錠単価が余りにも安い場合は避けたほうが良いでしょう。
通販で購入する際の価格面でのポイントは、まとめ買いだとどれくらいお得になるか、また、二回目以降の購入だとリピーターサービスがあるか、送料はどれくらいかかるのか、などをチェックすると良いでしょう。

 

40代の男性が通販で、勃起不全の薬を購入し服用したところ、数時間で痙攣、意識低下が起こり、医療機関に搬送された、というケースもあります。
脳の静脈に血栓があることが確認されましたが、その後は回復したそうで、偽造医薬品と症状の因果関係は否定できない、としています。
こうした深刻な事例は極めて稀のようですが、それでも、悪質な業者には注意が必要でしょう。

 

偽物と本物の区別

バイアグラ本物 
知り合いから薦められて、サイトからバイアグラを購入したものの、少し心配なので、医院に持参して確かめてもらったところ、偽物だった、というケースも結構多いようです。

 

バイアグラの正規品の場合、主成分のクエン酸シルデナフィルの量は100mgまでで(日本の厚労省で認可が下りているのは50mgまで)、200mgのものは存在しませんが、医院に持参してきたものは、V200と表記されているバイアグラの偽物だった、というケースもあります。こうしたものは明らかに偽物、ということになります。

 

ただ、このようなはっきりと偽物とわかるようなものだけでなく、外見は本物と区別がつかないようなものも数多く出回っているので、やはり、失敗しない為には、まずは信頼できる業者から購入することが大事でしょう。

 

個人輸入代行業者を通して購入した医薬品は、あくまで個人の責任で使用することになり、例え何らかの健康被害が生じたとしても、購入先の業者まで責任を問うことはできないことになっています。 
また、日本で厚労労働省が認可するバイアグラなどの医薬品については、重大な健康被害等があった場合、治療費の給付を受けることが可能な、可能医薬品副作用被害救済制度がありますが、個人輸入業者を通して購入した場合には適用されません。
こうしたことは知っておいたほうが良いでしょう。

 

バイアグラを信頼できる業者から購入

ファイザー 
バイアグラの通販を利用すれば、医者に処方してもらう必要がなく、恥ずかしい思いなどもせずに、自宅のパソコンなどから手軽に、価格もお得に購入できます。
このため、かなり便利な方法なので、おすすめの購入方法といえます。

 

「バイアグラなどのED治療薬通販サイトを通して安くなるまとめ買いを利用していますが、ただの一度も失敗はありません。
お得な特典もあり、荷物の追跡まで出来るので、通常のサイトで買い物しているのと同じ感覚です。」

 

「病院で処方されるものと全く同一に感じて、価格もリーズナブルです。
はじめは病院で処方箋を書いてもらって購入していたのですが、今は通販で買うことにしています。」

 

「購入サイトは慎重に選びましたが、普通の通販サイトとまったく変わらず、拍子抜けするほど簡単なものでした。今は栄養ドリンク感覚で気軽にセックス前に服用しています。」

 

「初めての服用なら、医師による診察を受けた方が安心です。最初に服用して、大丈夫なら次からは通販の購入に踏み切っても良いでしょう。」こうした声も数多く聞かれます。

 

やはり、信頼できる業者から購入すれば、バイアグラは手ごろな価格で大いに活用でき、失敗も回避できるというわけですね。

 

それでは、どんなサイトから購入すれば良いのでしょうか?
第一にカスタマーセンターがあること

 

第二に電話などで注文ができること
フリーダイヤルやFAXで注文できることが大切です。

 

第三に注文などに対して対応が早いこと
注文した場合、ご注文メールが届きます。このメールが届くところが遅いところは注意しましょう。
また、注文と同時にメールが届くところもありますが、今やシステム化されていますので、自動でメールが届くシステムになっているところが多いです。
確かめる良い方法としては、業務時間内にメールやフリーダイヤルで質問してみるのが良いでしょう。
その対応が早くスムーズにできるところで買い求める事をお勧めします。

 

バイアグラ レビトラ シアリスとは

バイアグラ レビトラ シアリスは、三代ED治療薬とも呼ばれています。
これらの治療薬は、陰茎海綿体の血管平滑筋をゆるめることによって陰茎への血液量を増やし、海綿体の内圧を高める作用により、勃起力を高めます。陰茎の硬度が低い男性や勃起の維持ができない男性に用いられる男性用機能障害治療薬です。バイアグラ レビトラ シアリスは、男性用機能障害を持っている方を治療するED治療薬です。

 

それぞれ成分は異なっておりますので効果は、それぞれ違います。
ご自身に適したED治療薬を購入される事をお勧め致します。

 

バイアグラ成分:クエン酸シルデナフィル
レビトラ成分:塩化バルデナフィル
シアリス成分:タダラフィル

 

ジェネリック医薬品とは

後発医薬品の事をジェネリック医薬品と言います。
また、後発医薬品に対し先発の新薬は先発医薬品と言います。
ここでは、後発医薬品であるジェネリック医薬品について説明します。
新薬を開発すると特許を申請し、特許が認められると、ある一定期間、他の製薬会社が同じ成分、構造をもつ薬品を製造する事ができません。しかし特許の期間が満了すると、他の製薬会社でも、同一成分、構造をもつ医薬品の製造が可能になります。後発のジェネリック医薬品は、新薬に比べ開発費を低く抑えて製造する事が可能から、新薬よりも安価で販売する事が可能になりました。

 

医薬品の個人輸入代行とは

個人輸入とは、外国で製造された医薬品を個人で使用する事を目的として、外国の通信販売会社やメーカー等から、個人が直接購入する事です。
外国で製造された医薬品を購入したい場合、外国語の知識等が必要になります。
輸入代行業者は、その手間を省き、購入者とメーカーの間にたって、輸入の手続きをする業の事を言います。

 

バイアグラの効能と通販

シルデナフィル 


バイアグラは、シルデナフィルとも呼ばれる勃起不全に対して有効なアプローチをするために用いられるED治療薬の一種です。
元々バイアグラは1990年代前半に狭心症の薬として開発されましたが、臨床試験の結果によると心臓病に対しての効果はあまり良いものではなく、試験の中止を求めようとした所、被験者がバイアグラの返却を渋った事から勃起を促進させる作用を発見し、販売されるようになった商品です。

 

バイアグラの効果は、単純に言ってしまえば陰茎の血管を拡張し、血液量を増やすことによって体を興奮に反応しやすくします。
性的に興奮させて血液の勢いを強めるようなものではありませんが、精神的に興奮ができないタイプのEDとは違い、肉体的なEDに対する効果は一定の事例を上げている為評価されている効能です。

 

バイアグラは性行為の数十分前に食事や飲酒をせずに摂取することが勧められています。
これは、血液中の血管を拡張する成分が薄まってしまうから覚えておくべき要点です。
また、バイアグラは適量を摂取しないと副作用が深まるケースもあるので、必要以上に使用しないことも重要なポイントです。
バイアグラは血管を拡張するために頭痛や筋肉痛などから、目の充血などが起こる可能性も存在しますので、過剰摂取はデメリットしかもたらさないと言う事は理解しておくべきでしょう。

 

こんなバイアグラですが、日本では心臓病との関連性が疑われてスムーズに流通しなかった時期があります。
厚生省はこういった副作用に対しての不審を拭い去る為に迅速に対応し、米国の承認データを用いて、バイアグラを医療用医薬品として医師の処方箋や診断が必要な薬品にしました。このデーターからも通常の用途ではしっかりと安全性が確保されていた為、現在でも安全な薬品というスタンスで販売されています。

 

様々なED治療薬の中でもバイアグラは、医薬品ですが医療目的には使用していない為、日本の法律では保険が利きません。
バイアグラは個人輸入であれば一ヶ月以内に自分が使用できる範囲内であれば輸入が許可されていますのでバイアグラの使用に慣れてきたらこういった安く買うアプローチを行なって見るのもお勧めします。

副作用のほとんどないレビトラ

バルデナフィル 


EDは勃起障害の事で、以前はインポテンツと呼ばれていた病気です。
この種類の薬は様々なものがありますが、今までどのED治療薬を利用しても効果を実感できなかった人の為にあるような薬品がレビトラです。
今回はこのレビトラについて紹介致しますので、まだレビトラを試されたことがないという方には参考になれば幸いです。

 

レビトラの特徴は10mgと20mg共に副作用が殆どないのが特徴で、バイエルから発売されたものです。
効くのが早く、食事に影響を受けづらい作りになっているそうで、勃起力が強いとされています。しかし個人差というものがあり、人によりけりとなってしまう薬品でもあります。
また、レビトラと併用が一緒にできない薬については、心臓が悪くてニトログリセリンのような硝酸薬とは、血圧が下がりすぎてしまう可能性があるため、併用をお勧めできない薬品です。
レビトラの副作用については少ないながらも、ほてりや頭痛、消化不良やめまいが報告されているそうで、グレープフルーツジュースやグレープフルーツなどを摂取の後にレビトラを服用すると効果が急激に上がるため、危険とされているそうです。

 

しかし、レビトラはバイアグラの欠点を補強した形で作られた薬品であり、効果が出るまで約15分から30分程とされています。
効果の得られる時間は8時間から10時間となっており非常に長い効果が見込めます。
これだけの効果が見込める医薬品を通販で購入できるとなると、非常に手早く入手ができ、これまで医師の元で服用してきた方であればなおさら、入手しやすくなるので非常に便利なのでお勧めですし、これまでレビトラを服用したことがある方などであれば、より安心に使用して頂ける薬品になっています。

 

また、ED治療薬について日本では、一切保険が適応されないものとなっていますので、それを見込んで考慮するとレビトラを個人輸入をされるのが一番安価で済む方法でもあります。
このような事から、レビトラなどのED治療薬を通信販売で購入することは、非常にお勧めできる手段です。
通信販売を利用して、より自分の為に、低価格で安心な医薬品を入手されると今後も医師を頼ることなく、治療ができます。
但し何かトラブルがあったり、副作用が強すぎるなどの場合や、使用していて違和感を感じた場合には医師の相談に出向いた方が良いので、服用のし過ぎには気をつけながら使用すると良いでしょう。

シアリスの入手方法

タダラフィル 


シアリスはイーライリリー社が製造販売する勃起不全(ED)治療薬です。成分名はタダラフィルで、同様の薬効を示す医薬品としては、ファイザー社のバイアグラ、バイエル社のレビトラなどがよく知られています。
シアリス、バイアグラ、レビトラのうち最も後に発売された医薬品で、他の2剤と異なり、シアリスは食事の影響を受けないことが特徴です。
また、投与後36時間にわたって勃起機能の改善作用があることも大きな特徴であり、優れた点と言えます。

 

3剤とも非常に勃起促進作用を有しており、ED治療薬がなかった時代と比較すると、患者のQOLの向上は著しいものだと言えます。
シアリスの副作用としては、顔のほてりや鼻腔閉塞などの軽いものから、狭心などの心臓血管系に関わる重篤なものもあるため、正しい知識を持って、適正使用することが必要とされています。

 

シアリスは2003年に販売が開始されました。
日本では2005年に承認申請が行われ、2007年より販売されています。
日本で正規に処方を受けるには、医師の処方箋が必要です。
また、健康保険の提適用外であるため、1錠1800円から2500円程度が必要となります。
もう一つの入手方法として、シアリスを海外からの個人輸入によって入手可能です。
この場合、個人での利用を目的としたものであれば、知的財産法や薬事法の取り締まりは受けません。

 

シアリスはED治療薬という性質上、医師の診断や、薬局での処方を受けることに強い抵抗を感じたり、恥ずかしいと感じる患者が多いためだと考えられています。
また、個人輸入の場合、正規品を国内の医療機関で処方されるよりも、はるかに安価であるというのも、シアリスを個人輸入する患者が多い理由の一つと言われています。