バイアグラジェネリック

Kamagra_effervescent 

Malegra 

malegra-dxt-plus 

silagra 

sildigra soft 

Suhagra 

バイアグラジェネリックは、正規品と同成分

バイアグラジェネリックは、正規品と同成分の薬です。
成分はクエン酸シルデナフィルです。
バイアグラジェネリックは正規品に比べ安価で購入できる男性の為のED治療薬です。
ED治療薬を個人輸入する場合は、医師の処方箋は必要ありません。
効果、効能については医師にご相談ください。

バイアグラジェネリックは後発医薬品

ED治療薬として世界中で使用されている、一番知名度のある薬といえば、ファイザー社より発売されている「バイアグラ」というお薬です。
このお薬は、有効成分であるシルデナフィルクエン酸塩が配合されていて、勃起がスムーズにいかない場合に、無理やり勃起させるのではなく、勃起の手助けをしてくれるお薬です。
このため、勃起不全を根本的に治療するお薬ではありません。
陰茎の海綿体の平滑筋の緊張を和らげ、血流を良くすることで勃起を手助けするというのがメカニズムです。
このため、必要なときにだけ服用すれば良いという手軽さがあります。
ただし、性行為の30分ほど前に服用することが必要です。
効果には個人差がありますが、服用後の勃起持続時間の平均は4時間といわれています。

 

日本では医師の診察・処方が必要なお薬で、ニトログリセリンなどの薬とは併用禁忌となっています。
また、狭心症・腎臓病・低血圧・脳血管障害・心臓病などの疾患を持つ人は服用できません。

 

さて、日本の増え続ける医療費を抑制する切り札のひとつが、ジェネリック医薬品の使用促進です。
ジェネリック医薬品とは、後発医薬品とも呼ばれ、先発医薬品の特許が切れた後に、先発医薬品と同じ有効成分・同じ有効成分量を配合した薬を発売できることになっており、先発医薬品より開発費がかからないことなどから、安価で発売される薬のことです。
同じ名前で発売することはできません。
先発医薬品を選ぶか、後発医薬品を選ぶかは、医師の指定が無い限り、患者本人の選択に任されています。
後発医薬品は有効成分は同じですが、基材が異なっていたり、製法が異なる場合がありますので、
これを嫌う人もいます。
しかし安価なため、医療費削減と患者本人の負担を減らすことができるというメリットがあります。
バイアグラジェネリックについては、現在「バイアグラ」の特許が切れていないため、日本には存在しません。
特許が切れる2014年からバイアグラジェネリックは販売されるかもしれません。
今のところ、海外の国の法制度の違いから、海外製のバイアグラジェネリックは存在します。

バイアグラジェネリックの選び方と

 

バイアグラジェネリックの選び方だけでなく、ラブホテルの選び方も
いろいろとあるバイアグラジェネリックから、信頼出来るものを選ぶことが出来たら、次は、彼女とラブホテルに行く前に、ラブホテルの選び方も知っておきたいですね。
ラブホテルの選び方といっても、通常のホテルと違い、ラブホテルの場合はまだ公式HPは少ないですし、HPがあっても外観、部屋の様子などはわかりにくいものです。
また、ラブホテルを紹介したガイド本やサイトも少ないですし、口コミも数少ないため、なかなか情報は得られません。
こうした中、ラブホテルの選び方としては、まずは立地があります。
ラブホテルは車で行くことが多いでしょうが、車の場合、出来るだけ高速道路のインターチェンジに近いところが入りやすいことになり、実際、インターチェンジ付近には結構ラブホテルが多いものです。
いくつかラブホテルが立ち並んでいる中で、どのラブホテルを選ぶかというと、室内は入ってみなければわかりませんが、やはり料金の高いホテルはそれなりの室内、設備が整っているのは間違いないでしょう。
このため、予算が許す限り、できるだけ料金が高いホテルを選んだほうが良いことになります。
大体15000円以上のホテルが良いでしょう。
また、新規オープンの店も中はきれいなので、大きく新規オープンと看板を出しているようなホテルは狙いです。

次はバイアグラジェネリックを用意

ラブホテルの選び方がわかれば、次はバイアグラジェネリックを用意
ラブホテルは出来れば事前に決めておいて行ったほうが良いでしょうが、その時の気分や雰囲気で、二人で選びながら行くのも一つの方法です。
バイアグラジェネリックを飲む前、車の中でどのホテルにしようか話し合うのも楽しいかもしれません。
最近はラブホテルの情報サイトもありますし、中には割引券などを発行しているところもあります。
ラブホテルによっては、インフォメーションパネルと呼ばれるものがあり、ロビーに部屋の写真が置いてあり、空室の状況もわかります。
これだと、好みの部屋を選ぶことができます。
車の場合、駐車場から直接部屋に入室できるガレージタイプがよいでしょう。
ラブホテルは、たいていは昼の客が少ない時間帯は料金が安くなるフリータイムを採用しています。
男女とも昼に時間が取れるなら、フリータイムを利用すると安く利用できます。
これ以外、3時間いくら、6時間いくら、という風に細かく時間性で料金を設定しているところもあります。
2回目以降の利用だと部屋の料金が割引されたり、ポイントがたまればキャッシュバックされるところや、携帯サイトに登録すると、オトクな情報をメールで送ってくれるサービスを行っているところもあります。

どちらも慣れればセックスの達人に

バイアグラのジェネリック、ホテルの選び方、どちらも慣れればセックスの達人に
ラブホテルで注意することとして、延長料金が意外と高かったりします。
休憩料金プラス延長料金で、宿泊料金くらいになることも多いものです。
このため、費用が心配なら時間前にコールしてくれるラブホテルが良いでしょう。
高めのラブホテルだとたいていコンドームが用意してあり、他にもラブグッズを用意しているところもあります。
安いラブホテルの場合、廉価で質の悪いものだったり、置いていない場合もあるので、安いラブホテルを利用するなら、自分でコンドームは用意しておいた方が無難でしょう。
バイアグラジェネリックを飲む以外、事前の準備も大切です。
休めのホテルでも、入り口がきれいに清掃されていて、清潔感が感じられるところは室内もきれいと考えて良いでしょう。
ラブホテルの場合、チェックイン、チェックアウトの仕方も簡単なところが多いですが、やはり事前にチェックイン、チェックアウトの方法は確かめておいて、こうしたことはてきぱきとやったほうが、女性に信頼感を与えます。
もっとも、あまり慣れすぎている様子でも、ラブホテルに何度も来ているような感じで、他の女性ともラブホテルに行ってるのでは?と疑われるかもしれませんが(笑)。