フロントページ





お勧めカテゴリー


 

新しいED治療薬!シアリスの特徴と効果を知りたい!

シアリスというED治療薬をご存知でしょうか?シアリスは、2002年にヨーロッパで開発され、今や世界中で1000万人以上の使用者がいるといわれています。このシアリスは、バイアグラやレビトラという他のED治療薬にはない性質を備えていることから、2013年時点では世界シェア42%という売り上げも誇っているのです。

新しいED治療薬であるシアリスの特徴や効果などについて、ご紹介します。

シアリスに含まれている有効成分

シアリスには、タダラフィルという有効成分が含まれています。タダラフィルはPDE-5と呼ばれる酵素に作用し、勃起を促すものですが、体内に吸収されるまでに時間を有するという特徴を持っています。なぜなら、タダラフィルはブロック状の構造をしているためです。

シアリスには、タダラフィルの含有量によって、5㎎と10㎎、20mgの3種類に分けられています。

シアリスにはどのような効果がある

シアリスは、服用後約3時間で、最適な効果が現れます。つまり、3時間後というのはピーク時で、効果が分かり始めるのには、約1〜2時間後だといわれています。

バイアグラやレビトラのようにすばやく効くという薬ではないですが、ゆるやかに時間をかけながら本領を発揮するシアリスは、EDに悩む人に対して高い支持を得ています。

レビトラの効果・効能をわかりやすく解説

レビトラは基本的にEDの治療薬とされており、男性器の勃起補助の効果・効能があるとされています。興奮状態や性的刺激によってcGMPという物質が細胞内に増え、男性器の血管を拡張されることで勃起がおきます。

逆にPDR-5という酵素はcGMPを壊してしますので、血管が収縮して通常の状態に戻ります。EDの方は勃起する前にcGMPをPDE-5が壊してしまっているのです。そのPDE-5を阻害するのがレビトラの効能のため、勃起を補助してくれる効果があるのです。

レビトラの効果を最大限に発揮させるために、食事の際脂肪を取りすぎると効果が減ってします可能性があるので、レビトラの服用が食後になる場合には、一食の脂肪を210Kcalに抑える必要があります。

また、総エネルギーも700Kcalに抑えましょう。少し摂取量を注意するだけで、レビトラの効果を十分に発揮させてあげることが出来るので、気をつけたほうがよさそうです。

レビトラのジェネリックについて知っておくと良いこと

ED治療薬として知られるレビトラには、ジェネリック医薬品もあります。ジェネリックについて知っておくと良いことには、まずジェネリック医薬品はレビトラと比べてかなり安く購入することができることです。量・分量・飲み方についてはレビトラと同じであるため、慣れている人については気にする必要はありません。また、副作用に関しても全く同じとなっています。

レビトラのジェネリックには、バリフやブリトラなどが挙げられます。日本製のジェネリックは現在はありません。ですので、購入する場合には海外の医薬品を専門とする個人輸入代行業者を選ぶ必要があります。こうした海外の個人輸入代行業者は、通販と同じような感覚で購入することができるため人気がありますが中には偽物が流通しているケースもあるため注意が必要です。

偽物をつかまされることが無いようにするには、その業者が正規品のみを扱っているのかどうかを口コミサイトなどで確認して信頼できる業者のみを選んで購入する必要がありますので覚えておきます。

レビトラの個人輸入代行の仕方を確認しよう

レビトラは医療機関で処方されているED治療薬ですが、できることならより安く購入したい、医療機関に足を運ぶ手間を少なくしたいと考える人も少なくありません。

そこで注目されるのが個人輸入という方法です。個人輸入というと難しいイメージもありますが、現在ではインターネットから手軽に注文できるようになりました。個人輸入は代行業者を通じればより手軽です。

サイトは日本語表記となっていますので、レビトラもすぐに見つけることができますが、同じ有効成分の別の薬も販売されていますので、よく確認しておくことがおすすめです。

レビトラを服用する際に気を付けたい副作用とは

レビトラはED治療薬の中で効果の高い部類に入るといわれていますが、服用方法を誤ると副作用に悩まされること可能性があります。軽度な副作用は頭痛や鼻づまりです。また顔の紅潮や動悸が発現することもあります。

しかし、これらはレビトラの血管拡張作用によるものであり、服用を始めた初期の一時的なものであることが多いです。ただ、めまいや血圧変動が起きると、これは注意する必要がある状況になります。急激な血圧の変動は血管に負担をかけるため、血管系の持病がある場合には服用に関して医師に相談するなどの対応が必要です。

特に、ニトログリセリンを含む薬を服用している人は、細心の注意を払うことが望ましいです。ニトログリセリンには血管拡張作用があるので、副作用によって血圧の変動がより急激になる恐れがあります。他には、視覚異常や視界が青く見えるなどの症状も考えられます。これらの視覚に関する異常も一時的なものが多いですが、場合によっては数日以上継続するため、その際は、やはり医師に相談するのが賢明でしょう。