ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは厚生労働省が認可した後発医薬品
ジェネリック医薬品とは新薬と同じ有効成分が含まれている後発医薬品のことで、厚生労働省の認可を得て製造販売されています。
規格試験や安定性試験、生物学的同等性試験を経て新薬と同等性の効果が認められていると判断された医薬品なので、信頼に値します。
ジェネリック医薬品は効果の面で優れているだけでなく、新しい技術によって飲み易さや飲み間違いを防ぐ工夫がされているものが多いです。

新薬は研究開発の投資が大きく、発売後に一定期間有効性や安全性を評価しないといけないので費用を加味した価格設定になっています。
ジェネリック医薬品の最大の魅力は、新薬より低価格で患者の自己負担を軽減できるところです。
医療費の効率化に繋がるので、医療保険制度を維持するための施策として国からも使用が推奨されています。

ジェネリック医薬品の安全性

ジェネリック医薬品は、既に製造販売されていた先発薬と同じ成分、同じ効果を持っていながらも先発薬よりもリーズナブルな価格で販売されている事から、費用負担を低減しながら実績のある優れた効果を持った医薬品の恩恵を受けられる手段として多くの患者さんを救っています。
もしも先発薬に安全性の心配があったなら、わざわざ特許を使用する許可を得るための手続きを行うメリットは全くありません。
先発薬のメーカーが拠点を置いている国の法律に則って何枚もの書類を作成しタフな交渉を行うなど多大な事務負担とコストをかけた上でジェネリック医薬品を製造販売をするからには採算が見込める必要があり、そこまでして商品化するからには確かな効果と安全性が確認されている何よりの証拠となります。

ジェネリック医薬品と新薬(先発薬)の比較について

ジェネリック医薬品と新薬(先発薬)の比較ですが、分かりやすく言えば新薬が値段が高いのに対してジェネリック医薬品は値段が安いです。しかしジェネリック医薬品だからと言って効き目が新薬と比べて劣っているのでは無く同等と効き目が有ります。値段が安いのが魅力的ですので新薬が発売された後すぐに医薬品として普及して欲しいですが、一般に発売されるまでの間に、溶出試験、生物学的同等性試験、安定性試験等の厳しい検査に合格して、厚生労働大臣の承認を受ける必要が有ります。ジェネリック医薬品の魅力は安さだけで無く、患者さんやお医者さんからの要望を受けて飲みやすいようにカプセルの形状や風味を変えたりと工夫されている点も挙げられます。

ジェネリック医薬品の有効成分と安全性は新薬とほぼ同じ

ジェネリック医薬品とは、特許の期間が終わった新薬の情報を公共のために知識を共有するという目的で開示し、他社が同じ成分や製造方法で開発した薬のことです。基本的には特許をとっていた新薬と有効成分と安全性は同じということになりますので、問題ないでしょう。形や大きさを変え、補助的な栄養素をたして別名で販売しますが、結局症状に対する効果は同じなのです。毎月病院にかかっていて薬代がかかっていて苦しい、といった方の場合、少しでも医療費を抑えたいならジェネリック医薬品を活用することでそれが実現できるのです。どうしても不安がある方は、薬剤師や担当の医者に話を聞いて納得してからジェネリック医薬品を試してみるのがいいでしょう。

ジェネリック医薬品が安価な理由を知れば使いやすい

ジェネリック医薬品は安価であるため経済的なメリットは大きいものの、安いものは効き目も弱いのではと思って選びづらいという人は少なくありません。
しかし、れっきとした医薬品であることは間違いなく医療機関でも治療に用いられているため、効果の面では先発の医薬品と遜色はないのです。
それではなぜジェネリック医薬品は安いのかと言えば、安価な理由は開発費がかかっていないという点にあります。
医薬品の開発には莫大なコストがかかり、資金力がなければ新薬の開発はできません。
ジェネリック医薬品は特許の切れた薬を製造販売することになるので、開発費用がかからず安価で製造をすることができます。
コストが掛かっていないため、先発の医薬品と同等の成分でも安く販売することができるということです。

ジェネリック医薬品の効果と安全性

先発医薬品の特許の期間が過ぎた後に同一の有効成分を同量含有して製薬される医薬品の事をジェネリック医薬品と呼び、先発医薬品と同一の効果が得られるのにも関わらず従来のおよそ半額で買い求められるため、医薬品を服用する習慣がある方においては特に重宝されています。
時折、価格が安価である事などの先入観が影響し効果に乏しいという見方がされる事もありますが、同一の有効成分で製薬している上に徹底した研究を行った上で販売しているので、先発医薬品に比べ効果が乏しいという事はありません。
当然、研究時には安全性についても徹底してチェックされており、平成20年度に制定されたルールに則って安全性が実証済みの薬剤のみジェネリック医薬品として販売しています。

ジェネリック医薬品の需要について知りたい

ジェネリック医薬品とは、医薬品メーカーが開発した医薬品の特許が切れた後に他のメーカーが同じ製法、同じ有効成分で製造する薬のことをいいます。開発する手間がかからないので、ジェネリック医薬品の方が費用を安く抑えられるというメリットがあります。長期間薬を服用しなければいけない場合などは、費用負担が大きいのでジェネリック医薬品を選択することが多いようです。ジェネリック医薬品の需要について述べると、年々増加しています。医療費の増大を抑えるため、国もジェネリック医薬品を推奨するようになったこともその要因の1つです。ただし、使用率は年々伸びてきていますが、世界水準で見るとまだ高いとは言えません。そのため今後も需要が増加していくことが予想されます。

ジェネリック医薬品を使用する上でのメリット

ジェネリック医薬品は先発医薬品と効き目・安全性・品質などあらゆる面で同等です。
メリットとして挙げられるのは、より求めやすい価格になっているという点です。
先発医薬品と同等の効き目があって、より安い価格で販売されています。
何故なら先発医薬品の特許が切れて初めて発売されるジェネリック医薬品の価格に関しては、原則として先発の7割と決められているからです。
そのことから医療費削減にも繋がっていきます。
国民医療費33兆円の中の薬剤費は7兆円を占めており、ジェネリック医薬品を使用することによって薬剤費の削減につながります。
形状や大きさなどが工夫されたジェネリック医薬品もあるので、先発医薬品よりも飲みやすいなどということが考えられます。

ジェネリック医薬品のデメリットは

ジェネリック医薬品は成分が同じで同じように作られるもので、医薬品として認められたものなので、価格が安いというメリットがあるということであり、デメリットは見つけることが難しいと言えます。
でも少しだけ注意が必要なのは、完全に同じではなく、ほとんど同じという点です。だから全くデメリットはないということにはなりません。
現にジェネリック医薬品に代えたときから。顔に吹き出物みたいなものや斑点が現れたというようなことを訴える人も出てきています。
これらはまれなケースですが、まれでもあることには違いないので、そうした場合はすぐにかかりつけのお医者さんに相談して、服用を避けるとか、もともとの医薬品に戻すとかの手を打つ必要もあるということになります。