アバナ50mg・Avana

Avana 50mg/12~Avana 50mg/4 アバナ50mgは、2018年9月時点において、最新ED治療薬のひとつである「ステンドラ」のジェネリック医薬品

アバナ50mg・Avana

(Avana 50mg/12~Avana 50mg/4)

製品名 アバナ50mg
製造元 Sunrise Remedies
薬効:5時間 
即効性:30分前後 
内容量 4錠/箱 
アバナ50mgは、2018年9月時点において、最新ED治療薬のひとつである「ステンドラ」のジェネリック医薬品です。ステンドラは日本でまだ発売されていませんが、過去に発売されたED治療薬に比べて高い即効性を誇ります。

また、食事やアルコールの影響をより受けにくくなっており、場面を気にせず気兼ねなく利用できるようになっています。過去のED治療薬が持っていた弱点を、より補強した薬だと言えるでしょう。

アバナ50mgに含まれているアバナフィルの効果

アバナには、アバナフィルと呼ばれる有効成分が含まれています。日本ではまだ未承認ですが、日本の製薬企業・田辺三菱株式会社によって開発された薬になります。効能は他のED治療薬と同様で、勃起を阻害する酵素の働きを防ぎ、正常な勃起を促します。

アバナフィルが身体に働きかける流れを知るためには、勃起について具体的に知る必要があります。
まずは、勃起がどのように起こるのかについてご紹介しましょう。

勃起とは、性的刺激が陰茎部分に伝わることにより起こる現象です。大脳の性中枢が、性的な刺激によって興奮することで起こります。ただ、大脳が興奮するだけでは勃起しません。興奮が脊髄から勃起神経まで到着し、陰茎の動脈が拡張することで、海綿体への血量が増えてふくらみ、硬さを得て勃起になります。

目・耳・匂い・肌触りなどの刺激で脳が性的に興奮し、勃起神経に興奮が伝わってはじめて、陰茎がその指示により勃起します。アバナフィルは、この一例のメカニズムをスムーズにする働きがあります。

人間は、主に2つの酵素によって勃起をコントロールしています。それは、勃起を促す酵素と勃起を抑制する酵素です。

勃起を促す酵素が分泌されることで、陰茎に流れるべき血流が増加し、性交ができる状態になります。この酵素は「cGMP」と呼ばれます。勃起した状態が長時間続いてしまうと、日常生活に支障をきたしてしまいますから、当然行為が終わった後はもとの状態に戻らなければなりません。このとき、勃起したペニスの血流を減らす働きをする酵素は「PDE5」という名前になります。

この2つの酵素がペニスを正常に働かせてくれているのですが、このバランスが崩れてしまった場合、脳に興奮や性的刺激が伝わっても、ペニスが勃起しないという状態におちいってしまう可能性があります。具体的には、PDE5の過剰な分泌・cGMPの分泌が少量といった原因により、十分な勃起ができなかったり、勃起そのものが難しい状態に陥ったりしてしまうのです。

アバナフィルには、このような酵素のバランスを取り戻してくれる作用があります。勃起不全の原因となる酵素は「PDE5」ですが、アバナフィルにはこの酵素の働きを抑える効果があり、血液の循環が良くします。その結果、陰茎への血流が妨げられたことによって発生する勃起不全の問題を、改善へとつなげてくれるのです。

約10日でお手元に到着
発送国または日本での税関及び輸送事情により、通常より到着日数がかかる場合があります。
(注意:写真はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。)

注文番号 商品名 販売価格(税込)
在庫状態 数量
Avana 50mg/4 アバナ 1箱 - 4錠 ¥3,424
在庫有り
Avana 50mg/12 アバナ 3箱 - 12錠 ¥6,354
在庫有り
Avana 50mg/20 アバナ 5箱 - 20錠 ¥9,086
在庫有り
Avana 50mg/28 アバナ 7箱 - 28錠 ¥11,772
在庫有り

アバナの服用方法



アバナに含まれているアバナフィルは、他の先行したED治療薬に比べると、比較的服用タイミング・服用方法には柔軟性があります。現状の日本で、ステンドラが認可されていないことから、ED治療薬としてどのような効果があるのかを知る人はそれほど多くありませんが、レビトラよりも効果の出方が早いという意見もあるようです。

まずは食事・アルコールですが、基本的には800kcalを目安として、服用前の食事は問題ないとされています。この目安としては、ずいぶん大きいものです。

しかし、あくまでも目安の数値であり、食べ過ぎれば空腹時に比べて、効果は少なくなります。他のED治療薬同様に、脂分もできれば避けたいところです。アルコールについても少量にとどめておけば、大事なところで勃起に影響する可能性は少ないとされています。

服用するタイミングとしては、効果がもっとも発揮されるのが服用後30分後です。それを計算して飲むのがよいでしょう。


アバナの効果が現れるまでの時間と持続時間



アバナは、性行為の15分前に服用可能で、服用後30分ほどで効果がピークになります。持続時間はおよそ8時間といわれています。


アバナの副作用



ED治療薬の副作用は、どのような薬でも存在しています。しかし、アバナは、比較的副作用が出にくいジェネリックのひとつと言えるでしょう。通常の使用方法であれば、心臓や血管に負担がかかることはほとんどありません。

ただし、薬に対して敏感な方であれば、血流改善による副作用やアレルギー反応などが出る場合があるといわれています。代表的な症状は、頭痛・鼻づまり・めまいなどになります。いずれも、性行為に集中できなくなる一因となりますから、もし何らかの症状が出てしまったら、できる限りケアをしておきたいとことです。

もし、頭痛がひどいようであれば、我慢せずに頭痛薬を飲んで差し支えありません。ロキソニンのように鎮痛効果が強い薬であっても、効果がアバナと作用し合う心配はないので安心です。

アバナを服用できない人



アバナを服用する場合、以下のような持病・症状をお持ちの方は、現在服用している薬との併用が難しい場合があります。

・不整脈、狭心症、心不全など、心臓や循環器系における何らかの持病をお持ちの方
・血圧に何らかの異常を認める方(低血圧、治療や何らかの管理を行っていない高血圧など)
・重度の肝機能障害のある方
・重度の腎機能障害のある方(人工透析を行っている方も含む)
・過去6カ月以内に心臓の手術を受けたり、脳梗塞を起こしたりしたことがある方
・多発性骨髄腫、白血病、鎌状赤血球貧血といった、血液細胞に何らかの問題がある方
・変形ペニス形状の方
・網膜色素変性症(夜盲症・視野狭窄)の方

これらの症状がある方が、常備薬といっしょにアバナを服用することにより、正常な勃起ができないだけでなく、身体に大きなダメージを与えてしまう危険性もあります。場合によっては命にかかわることも想定されますから、くれぐれも控えるようにしましょう。

KAISEI CLINIC 通販・個人輸入サイトのご利用について

KAISEI CLINICは海外の正規メーカー品の医薬品やサプリメントをお届けしており、安心してお買い物が出来るよう到着を保証しているネット通販・個人輸入サイトです。 お届け先の記入間違いや郵便局での保管期限を過ぎてのお受取りが出来なかった場合は保証対象外となります。 ご購入前には必ず【ご利用サービス規約】をお読みください。 ED治療薬などの医薬品のご購入またはご使用につきましては処方箋は不要ですが全て個人で判断の上、自己責任となっております点をご理解下さい。 詳しい服用方法・効果、特に副作用につきましてはご購入者様で事前にお調べ頂きますようお願い致します。 KAISEI CLINICでは、ご入金確認後お手続きを行い追跡番号をお知らせしております。 個人輸入商品の為、発送は国内より行っておりません。発送国はインドより行っておりますので通常10日から14日ほどで、ご自宅にお届けしております。 郵便輸送および通関事情またはお住まいの地域によりお届けできる期間には差があります事をご了承下さい。 購入時に登録頂くメールアドレスは、携帯のメールアドレスではなくフリーメールのhotmail・gmail・Yahooメールなどをご使用下さい。 ご注文頂きますと「ご注文確認メール」を送信しております。 送信しておりますメールは迷惑メールホルダーに届く事が御座いますので合わせてご確認下さいますようお願い致します。