個人輸入について

海外医薬品の個人輸入とは、何かと言われますと商売目的ではなく個人的に利用するために代行サイトを通じて購入することです。
商売目的のために購入すると関税や法律や規制があるため購入するのが難しいですが、個人輸入はこれらの問題が緩いので買いやすいです。

海外医薬品の個人輸入のメリットは日本で手に入らないものを購入することができる点です。
さらに国内で販売されているものがあったとしても輸入した方が安価で手に入ることが可能となっており、海外からの購入であっても代行サイトを通じて一般的な通販の感覚で利用することができますから初めての方でも問題なく利用することができるでしょう。

決済方法や配送も国内で全て完結することができ、インターネットで手軽にできます。

個人輸入のメリット

最大の個人輸入のメリットは、誰にも知られることがなく購入できると言うことがあります。中には身内や知人に言いづらいことや、知られたくないこともあるのです。例えば、ピルなどは代表的なもので産婦人科に通うところを見られると不必要な気遣いを強いられることにもなりかねません。そういった点では、個人輸入は気軽に注文することが可能です。
また、様々な医薬品の中から自分で選択して購入できることもメリットのひとつだと言えるでしょう。選択肢は豊富にありますし、購入を決めるのは自分です。欲しい時に手に入らないということもありませんので、仕事が忙しくて中々病院に通えないと言う人でも重宝できる方法になります。交通費や診察費用も必要ありませんので、正しい知識のもと活用すれば、大きなメリットを得ることができるのです。

注意しておきたい個人輸入のデメリット

精力剤やAGA治療薬など個人輸入で取り寄せる人も少なくありません。
自宅にいながら好きな時に手に入れられるとあって便利ではありますが、実は個人輸入のデメリットもいくつか挙げられます。
まず個人使用の範囲を超える量は輸入出来ないので、いわゆる「まとめ買い」は出来ません。
安いと思って購入しても、頻繁に利用する必要があるので意外と送料はかかります。
また海外の物を取り寄せるという事は、偽物が混ざっている可能性も否めません。
信頼出来る代行業者を利用するかによって、このリスクの可能性も少なくなります。
そして最後がどの商品を使うにしても、自己責任であるという事です。
中には成分が強すぎて副作用が起こる事もありますが、それについて誰にも責任を問う事が出来ないのです。
もし個人輸入をする場合は、これらのデメリットがある事をしっかり頭に入れておかなければいけません。

海外からの個人輸入の注意点について

海外からの個人輸入の注意点はいくつかありますが、最も注意が必要なのは費用についてです。商品の料金にプラスして関税や消費税や送料がかかるということを理解しておかなければなりません。トータルでどのくらいの費用がかかるのかを事前にしっかりと確認しておきましょう。商品が本物であるかどうかを見極めることも大切です。偽物が多く出回っている商品も多いので注意しなければなりませんし、輸入が規制されている商品もありますので、その点についての理解を深めておく必要もあります。海外から配送されるので、届くまでにある程度の時間を要するということも知っておきましょう。これらの注意点をきちんと押さえて理解を深めて自己責任で個人輸入をすることが大切です。

個人輸入の処方箋について知っておきたい事

病院に行かなくても気軽に医薬品を購入出来るとあって、個人輸入代行サービスを利用する人は少なくありません。
ただ気になるのが、個人輸入の処方箋についてです。
基本的に日本国内では処方箋薬を処方箋無しで購入する事は法律違反となります。
一方、個人輸入の場合は処方箋が無くても医薬品を購入する事が出来ます。
便利、いつでも手に入れられるという考え方もありますが、そもそも処方箋は医師が処方したその薬に責任をもつという意味合いがあり、もし健康被害などが起きてしまった場合には医師が責任をとります。
個人輸入の場合は処方箋が無いという事なので、もし副作用などが起きた際も自己責任になります。
代行した通販サイト側にも一切の責任は無いという事も覚えておかなければいけません。

薬事法って何なんだろう

薬事法って何でしょうか。薬事法は、医薬品・医薬部外品・医療機器・化粧品の品質や安全性、有効性を確保する目的で制定された法律のことをいいます。これらの製造・販売・表示・流通・販売などについて細かく定めています。これらの製品を製造したり、販売及び輸入したりする場合には、薬事法に則ったルールを遵守しなければなりません。広告についても色々な規定があり、大げさな効果を謳う誇大広告などは行ってはいけないことになっています。また、薬事法は1961年に施行されましたが、その後何度か改正されてきた歴史があります。現在では「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」と名称が変更されています。

個人輸入代行の購入制限を理解しておく

個人輸入代行を利用する時には、必ず個人輸入代行の購入制限のことを理解しておかなければなりません。
特に医薬品を輸入する時に重要となるのですが、医薬品の個人輸入は個人で使用する分に関して認められています。
これは自力で個人輸入をしようが代行業者を利用しようが同じことです。
つまり、これがどのようなことかというと医薬品は一度に使う量が決まっていますから、まとめて購入をしてもそれほど大量にはなりません。
それが明らかに個人での使用の範囲を逸脱する量になると、販売などの目的があると判断されて輸入ができなくなってしまうことがあります。
そのため、個人輸入代行を利用する際には個人輸入代行の購入制限のことを理解しておく必要があるのです。

個人輸入代行にかかる経費を知っておく

個人輸入を自力でできないと気に便利な個人輸入代行ですが、その際には個人輸入代行にかかる経費を事前に知っておく必要があります。
まず、かかる費用としては代行手数料があります。
代行業者は手数料と取って利益を上げているわけですから、代行手数料は必ず含まれることになります。
ただし、直接手数料が発生するわけではなく商品代金に含まれているケースが多いので、あまり気にする必要はないでしょう。
次に通販ですから送料がかかりますが、海外からの取り寄せにはなるもののそれほど大きな金額にはならないので、負担としては大きくありません。
代金の支払いを銀行振込で行う場合には、振込手数料もかかることがあるので覚えておきましょう。

個人輸入代行の関税については

個人輸入では輸入した商品などに関税と消費税と通関手数料がかかり、商品代金に送料や保険代などを足した額の60パーセントが課税対象とされています。
税金は商品の受け取り時に徴収される方法と、後日に納税請求書が届いて支払う方法の2通りの方法が一般的です。
関税の対象は商品によって異なり、美術品に関税はかかりませんがサプリメントなどは0パーセントから15パーセント、衣類関係は簡易税率のため10パーセントの関税率になっています。
関税の知識が無い場合、個人で輸入するよりも個人輸入代行業者を通して商品を購入したほうが手間がかからず便利です。
個人輸入代行の関税については輸入時にいったん代行業者が立て替えて支払い、その後代行業者が購入者に請求をするという流れになります。